WAY monthly2017年2月号「基礎力の充実を」

インターに通っている多くの生徒に、英語の基礎部分での欠落が見られます。基礎部分での欠落は、その後の伸び悩みの原因になります。

これはどの科目でも同じです。数学でも基礎ができていなければ、どんなに時間を費やしても、できるようにはなりません。後の飛躍を高く志すならば、まず基礎の充実に時間を割くべきです。
さらに、この時期は、「勉強の仕方」を教わる大切な時期でもあります。ノートの取り方、間違えた箇所の直し方、丁寧に時間をかけて学ばなくてはならないところは、じっくり勉強をする。時間の使い方など、多くのことを学び、吸収する時期なのです。

基礎ができれば、いくらでも伸びていきます。そして、学びにおいて「突き抜ける」(卓越する)ことを体得します。これを経験した生徒は、他の勉強でも「超えていく仕方」を知っているので、途中で投げ出したりしなくなります。「突き抜けかたは、突き抜けた人にしかわからない。」そういう世界を開いていける人間になって欲しいと思います。

Download Way Monthly