Writing – Academic English

Writing ー 英文には書き方がある。その書き方をしっかりと身につける

英文ライティングとは<論理的思考を展開するスタイル>なのです。ここではごく初歩的なことを述べます。
まず、パラグラフの書き方(基本)からこのクラスでは教えます。


(Alice Oshima, Ann Hogue “Writing Academic English” Pearson Education)

1. トピックセンテンスとは

英文にはトピックが必要です。
トピックセンテンスには、トピックとコントロールアイデアが必要です。
例えば、
Gold, a precious metal, is prized for two important characteristics.

Goldがトピックで、two important characteristicsがコントロールアイデアです。コントロールアイデアとは、自分がこれからgoldについていくつのポイントを書くのか述べるのです。このトピックとコントロールアイデアがあって初めてトピックセンテンスが成立します。

2. 次にOpinionとExample

コントロールアイデアが2つですから、意見は2つ、その例も2つ書きます。ここではFirst of all, Another important characteristicという出だしのシグナルをそれぞれ文頭に使用し、Goldのbeautyとusefulnessを意見として出しています。

<意見は抽象的に、例は相手にわかるように具体的に、イコールで書くのです。>

3. 文章の最後は

必ず結論を導く言葉を書きます。ここではIn conclusionという言葉(シグナル)を使います。

こうしたごく基本的なパラグラフの書き方から、順番に段階を追って、高度なレベルの英文の論理展開―つまり書き方を、指導していきます。ここで身につけるスキルは、学校の論文、会社でのプレゼンテーション、言葉を使用するあらゆる場面で役に立ちます。インターで、ライティングをしっかりと学んだ生徒だけが身につけられる<基本的、かつプロフェッショナルなスキル>が身につきます。欧米のエリート教育ではこうした基本スキルを小中高で一貫して生徒にマスターさせます。高度な<知>のスキルほど、実践的で役に立つのです。